都市計画法
 

(土地の買取り)
第56条 

1項
都道府県知事等(前条第4項の規定により,土地の買取りの申出の相手方として公告された者があるときは,その者)は,事業予定地内の土地の所有者から,同条第1項本文の規定により建築物の建築が許可されないときはその土地の利用に著しい支障を来すこととなることを理由として,当該土地を買い取るべき旨の申出があつた場合においては,特別の事情がない限り,当該土地を時価で買い取るものとする。

2項 
前項の規定による申出を受けた者は,遅滞なく,当該土地を買い取る旨又は買い取らない旨を当該土地の所有者に通知しなければならない。

3項 
前条第4項の規定により土地の買取りの申出の相手方として公告された者は,前項の規定により土地を買い取らない旨の通知をしたときは,直ちに,その旨を都道府県知事等に通知しなければならない。

4項 
第1項の規定により土地を買い取つた者は,当該土地に係る都市計画に適合するようにこれを管理しなければならない。

【宅建六法】都市計画法の目次へ