都市計画法
 

(許可の基準の特例等)
第55条 

1項
都道府県知事等は,都市計画施設の区域内の土地でその指定したものの区域又は市街地開発事業(土地区画整理事業及び新都市基盤整備事業を除く。)の施行区域(次条及び第57条において「事業予定地」という。)内において行われる建築物の建築については,前条の規定にかかわらず,第53条第1項の許可をしないことができる。ただし,次条第2項の規定により買い取らない旨の通知があつた土地における建築物の建築については,この限りでない。

2項 
都市計画事業を施行しようとする者その他政令で定める者は,都道府県知事等に対し,前項の規定による土地の指定をすべきこと又は次条第1項の規定による土地の買取りの申出及び第57条第2項本文の規定による届出の相手方として定めるべきことを申し出ることができる。

3項 
都道府県知事等は,前項の規定により土地の指定をすべきことを申し出た者を次条第1項の規定による上地の買取りの申出及び第57条第2項本文の規定による届出の相手方として定めることができる。

4項 
都道府県知事等は,第1項の規定による土地の指定をするとき,又は第2項の規定による申出に基づき,若しくは前項の規定により,次条第1項の規定による土地の買取りの申出及び第57条第2項本文の規定による届出の相手方を定めるときは,国土交通省令で定めるところにより,その旨を公告しなければならない。

【宅建六法】都市計画法の目次へ