都市計画法
 

(開発行為等により設置された公共施設の管理)
第39条 

開発許可を受けた開発行為又は開発行為に関する工事により公共施設が設置されたときは,その公共施設は,第36条第3項の公告の日の翌日において,その公共施設の存する市町村の管理に属するものとする。ただし,他の法律に基づく管理者が別にあるとき,又は第32条第2項の協議により管理者について別段の定めをしたときは,それらの者の管理に属するものとする。

【宅建六法】都市計画法の目次へ