都市計画法
 

(建築制限等)
第37条 

開発許可を受けた開発区域内の土地においては,前条第3項の公告があるまでの間は,建築物を建築し,又は特定工作物を建設してはならない。ただし,次の各号の一に該当するときは,この限りでない。
1号
当該開発行為に関する工事用の仮設建築物又は特定工作物を建築し,又は建設するとき,その他都道府県知事が支障がないと認めたとき。
2号
第33条第1項第14号に規定する同意をしていない者が,その権利の行使として建築物を建築し,又は特定工作物を建設するとき。

【宅建六法】都市計画法の目次へ