都市計画法
 

(変更の許可等)
第35条の2 

1項
開発許可を受けた者は,第30条第1項各号に掲げる事項の変更をしようとする場合においては,都道府県知事の許可を受けなければならない。ただし,変更の許可の申請に係る開発行為が,第29条第1項の許可に係るものにあつては同項各号に掲げる開発行為,同条第2項の許可に係るものにあつては同項の政令で定める規模未満の開発行為若しくは同項各号に掲げる開発行為に該当するとき,又は国土交通省令で定める軽微な変更をしようとするときは,この限りでない。

2項 
前項の許可を受けようとする者は,国土交通省令で定める事項を記載した申請書を都道府県知事に提出しなければならない。

3項 
開発許可を受けた者は,第1項ただし書の国土交通省令で定める軽微な変更をしたときは,遅滞なく,その旨を都道府県知事に届け出なければならない。

4項 
第31条の規定は変更後の開発行為に関する工事が同条の国土交通省令で定める工事に該当する場合について,第32条の規定は開発行為に関係がある公共施設若しくは当該開発行為若しくは当該開発行為に関する工事により設置される公共施設に関する事項の変更をしようとする場合又は同条の政令で定める者との協議に係る開発行為に関する事項であつて政令で定めるものの変更をしようとする場合について,第33条,第34条,前条及び第41条の規定は第1項の規定による許可について,第34条の2の規定は第1項の規定により国又は都道府県等が同項の許可を受けなければならない場合について,第47条第1項の規定は第1項の規定による許可及び第3項の規定による届出について準用する。この場合において,第47条第1項中「次に掲げる事項」とあるのは,「変更の許可又は届出の年月日及び第2号から第6号までに掲げる事項のうち当該変更に係る事項」と読み替えるものとする。

5項 
第1項又は第3項の場合における次条,第37条,第39条,第40条,第42条から第45条まで及び第47条第2項の規定の適用については,第1項の規定による許可又は第3項の規定による届出に係る変更後の内容を開発許可の内容とみなす。

【宅建六法】都市計画法の目次へ