都市計画法
 

(高度利用と都市機能の更新とを図る地区整備計画)
第12条の8 

地区整備計画(再開発等促進区及び開発整備促進区におけるものを除く。)においては,用途地域(第1種低層住居専用地域及び第2種低層住居専用地域を除く。)内の適正な配置及び規模の公共施設を備えた土地の区域において,その合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新とを図るため特に必要であると認められるときは,建築物の容積率の最高限度及び最低限度,建築物の建ぺい率の最高限度,建築物の建築面積の最低限度並びに壁面の位置の制限(壁面の位置の制限にあつては,敷地内に道路(都市計画において定められた計画道路及び地区施設である道路を含む。以下この条において同じ。)に接して有効な空間を確保して市街地の環境の向上を図るため必要な場合における当該道路に面する壁面の位置を制限するもの(これを含む壁面の位置の制限を含む。)に限る。)を定めるものとする。

【宅建六法】都市計画法の目次へ