都市計画法
 

(建築物の容積率の最高限度を区域の特性に応じたものと公共施設の整備状況に応じたものとに区分して定める地区整備計画)
第12条の6 

地区整備計画においては,適正な配置及び規模の公共施設が整備されていない土地の区域において適正かつ合理的な土地利用の促進を図るため特に必要であると認められるときは,前条第7項第2号の建築物の容積率の最高限度について次の各号に掲げるものごとに数値を区分し,第1号に掲げるものの数値を第2号に掲げるものの数値を超えるものとして定めるものとする。
1号
当該地区整備計画の区域の特性(再開発等促進区及び開発整備促進区にあつては,土地利用に関する基本方針に従つて土地利用が変化した後の区域の特性)に応じたもの
2号
当該地区整備計画の区域内の公共施設の整備の状況に応じたもの

【宅建六法】都市計画法の目次へ