都市計画法
 

(都市計画に関する基礎調査)
第6条 

1項
都道府県は,都市計画区域について,おおむね5年ごとに,都市計画に関する基礎調査として,国土交通省令で定めるところにより,人口規模,産業分類別の就業人口の規模,市街地の面積,土地利用,交通量その他国土交通省令で定める事項に関する現況及び将来の見通しについての調査を行うものとする。

2項 
都道府県は,準都市計画区域について,必要があると認めるときは,都市計画に関する基礎調査として,国土交通省令で定めるところにより,土地利用その他国土交通省令で定める事項に関する現況及び将来の見通しについての調査を行うものとする。

3項 
都道府県は,前ニ項の規定による基礎調査を行うため必要があると認めるときは,関係市町村に対し,資料の提出その他必要な協力を求めることができる。

4項 
都道府県知事は,第1項又は第2項の規定による基礎調査の結果を,国土交通省令で定めるところにより,関係市町村長に通知しなければならない。

5項 
国土交通大臣は,この法律を施行するため必要があると認めるときは,都道府県に対し,第1項又は第2項の規定による基礎調査の結果について必要な報告を求めることができる。

【宅建六法】都市計画法の目次へ