土地区画整理法


(罰則)
第144条 

次の各号のいずれかに該当する場合においては、その行為をした組合の理事、監事又は清算人は、20万円以下の過料に処する。
1号
組合が土地区画整理事業以外の事業を営んだとき。
2号
第28条第9項の規定に違反して正当な理由がないのに帳簿及び書類の閲覧又は謄写を拒んだとき。
3号
第28条第10項の規定に違反したとき。
4号
第32条第1項(第36条第4項において準用する場合を含む。)又は第3項から第5項まで(第35条第3項及び第36条第4項において準用する場合を含む。)の規定に違反したとき。
5号
第32条第9項の規定に違反して書類を備えず、又はその書類に記載すべき事項を記載せず、若しくは不実の記載をしたとき。
6号
第32条第10項の規定に違反して正当な理由がないのに書類の閲覧又は謄写を拒んだとき。
7号
第39条第3項、第45条第4項、第50条第5項又は第128条第3項の規定に違反したとき。
8号
第47条又は第49条に掲げる書類に記載すべき事項を記載せず、又は不実の記載をしたとき。
9号
第48条の規定に違反して組合の残余財産を処分したとき。
10号
第84条第1項の規定に違反して簿書を備えず、又はその簿書に記載すべき事項を記載せず、若しくは不実の記載をしたとき。
11号
第84条第2項の規定に違反して正当な理由がないのに簿書の閲覧又は謄写を拒んだとき。
12号
第125条第1項又は第2項の規定による都道府県知事の検査を妨げたとき。
13号
第125条第3項の規定による都道府県知事の命令に違反したとき。
14号
国土交通大臣、都道府県知事若しくは市町村長又は総会、総会の部会若しくは総代会に対し、不実の申立てをし、又は事実を隠ぺいしたとき。
15号
組合がこの法律の規定による公告をすべき場合において、公告をせず、又は不実の公告をしたとき。

【宅建六法】土地区画整理法の目次へ