土地区画整理法


(罰則)
第143条 

次の各号のいずれかに該当する場合においては、個人施行者は、20万円以下の過料に処する。
1号
第10条第2項、第13条第3項又は第128条第3項の規定に違反したとき。
2号
第84条第1項の規定に違反して簿書を備えず、又はその簿書に記載すべき事項を記載せず、若しくは不実の記載をしたとき。
3号
第84条第2項の規定に違反して正当な理由がないのに簿書の閲覧又は謄写を拒んだとき。
4号
第124条第1項の規定による都道府県知事の検査を妨けたとき。
5号
第124条第1項の規定による都道府県知事の命令に違反したとき。

【宅建六法】土地区画整理法の目次へ