土地区画整理法


(予備委員)
第59条 

1項
審議会に、施行規程で定めるところにより、施行地区内の宅地の所有者から選挙される委員及び施付地区内の宅地について借地権を有する者から選挙される委員についての予備委員をそれぞれ置くことができる。

2項 
予備委員の数は、施行規程で定めるものとし、その数は、それぞれ施行地区内の宅地の所有者から選挙すべき委員の数又は施行地区内の宅地について借地権を有する者から選挙すべき委員の数の半数をこえてはならない。但し、選挙すべき委員の数が一人の場合においては、一人とする。

3項 
予備委員には、前条第1項に規定する選挙において、当選人を除いて、施行規程で定める数以上の有効投票を得た者がある場合において、施行規程で定めるところにより、得票数の多い者から順次なるものとする。

4項 
前条第5項の規定は、予備委員について準用する。

5項 
前条第1項の規定により選挙された委員に欠員を生じた場合においては、施行規程で定めるところにより、予備委員をもつてこれを補充する。

6項 
予備委員の任期は、委員の任期による。

【宅建六法】土地区画整理法の目次へ