宅地造成等規制法
 

(宅地造成に関する工事の許可)
第8条 

1項
宅地造成工事規制区域内において行われる宅地造成に関する工事については,造成主は,当該工事に着手する前に,国土交通省令で定めるところにより,都道府県知事の許可を受けなければならない。ただし,都市計画法(昭和43年法律第100号)第29条第1項又は第2項の許可を受けて行われる当該許可の内容(同法第35条の2第5項の規定によりその内容とみなされるものを含む。)に適合した宅地造成に関する工事については,この限りでない。

2項 
都道府県知事は,前項本文の許可の申請に係る宅地造成に関する工事の計画が次条の規定に適合しないと認めるときは,同項本文の許可をしてはならない。

3項 
都道府県知事は,第1項本文の許可に,工事の施行に伴う災害を防止するため必要な条件を付することができる。

【宅建六法】宅地造成等規制法の目次へ