宅地造成等規制法
 

(障害物の伐除及び土地の試掘等)
第5条 

1項
前条第1項の規定により他人の占有する土地に立ち入つて測量又は調査を行う者は,その測量又は調査を行うに当たり,やむを得ない必要があつて,障害となる植物若しくは垣,さく等(以下「障害物」という。)を伐除しようとする場合又は当該土地に試掘若しくはボーリング若しくはこれに伴う障害物の伐除(以下「試掘等」という。)を行おうとする場合において,当該障害物又は当該土地の所有者及び占有者の同意を得ることができないときは,当該障害物の所在地を管轄する市町村長の許可を受けて当該障害物を伐除し,又は当該土地の所在地を管轄する都道府県知事の許可を受けて当該土地に試掘等を行うことができる。この場合において,市町村長が許可を与えようとするときは障害物の所有者及び占有者に,都道府県知事が許可を与えようとするときは土地又は障害物の所有者及び占有者に,あらかじめ,意見を述べる機会を与えなければならない。

2項 
前項の規定により障害物を伐除しようとする者又は土地に試掘等を行なおうとする者は,伐除しようとする日又は試掘等を行なおうとする日の3日前までに,当該障害物又は当該土地若しくは障害物の所有者及び占有者に通知しなければならない。

3項
第1項の規定により障害物を伐除しようとする場合(土地の試掘又はボーリングに伴う障害物の伐除をしようとする場合を除く。)において,当該障害物の所有者及び占有者がその場所にいないためその同意を得ることが困難であり,かつ,その現状を著しく損傷しないときは,都道府県知事又はその命じた者若しくは委任した者は,前ニ項の規定にかかわらず,当該障害物の所在地を管轄する市町村長の許可を受けて,直ちに,当該障害物を伐除することができる。この場合においては,当該障害物を伐除した後,遅滞なく,その旨をその所有者及び占有者に通知しなければならない。

【宅建六法】宅地造成等規制法の目次へ