農地法
 

(事務の区分)
第63条 

1項
この法律の規定により都道府県又は市町村が処理することとされている事務のうち、次の各号及び次項各号に掲げるもの以外のものは、地方自治法第2条第9項第1号に規定する第1号法定受託事務とする。
1号 
第3条第4項の規定により市町村が処理することとされている事務(同項の規定により農業委員会が処理することとされている事務を除く。)
2号 
第4条第1項、第3項(同条第6項において準用する場合を含む。)及び第5項の規定により都道府県が処理することとされている事務(同一の事業の目的に供するため2ヘクタールを超える農地を農地以外のものにする行為に係るものを除く。)
3号 
第5条第1項及び第4項の規定並びに同条第3項及び第5項において準用する第4条第3項の規定により都道府県が処理することとされている事務(同一の事業の目的に供するため2ヘクタールを超える農地又はその農地と併せて採草放牧地について第3条第1項本文に掲げる権利を取得する行為に係るものを除く。)
4号 
第30条、第31条、第32条第1項、同条第2項から第5項まで(これらの規定を第33条第2項において準用する場合を含む。)、第33条第1項、第34条、第35条第1項及び第3項、第36条並びに第43条第1項の規定により市町村が処理することとされている事務
5号 
第44条の規定により市町村が処理することとされている事務
6号 
第49条第1項、第3項及び第5項並びに第50条の規定により都道府県が処理することとされている事務(第2号、第3号及び次号に掲げる事務に係るものに限る。)
7号 
第51条の規定により都道府県が処理することとされている事務(第2号及び第3号に掲げる事務に係るものに限る。)
8号 
第51条の2の規定により都道府県又は市町村が処理することとされている事務
9号 
第52条から第52条の3までの規定により市町村が処理することとされている事務

2項 
この法律の規定により市町村が処理することとされている事務のうち、次に掲げるものは、地方自治法第2条第9項第2号に規定する第2号法定受託事務とする。
1号 
第4条第1項第7号の規定により市町村が処理することとされている事務(同一の事業の目的に供するため2ヘクタールを超える農地を農地以外のものにする行為に係るものを除く。)
2号 
第5条第1項第6号の規定により市町村が処理することとされている事務(同一の事業の目的に供するため2ヘクタールを超える農地又はその農地と併せて採草放牧地について第3条第1項本文に掲げる権利を取得する行為に係るものを除く。)

【宅建六法】農地法の目次へ