農地法
 

(大都市の特例)
第59条の2 

第18条第1項及び第3項の規定により都道府県が処理することとされている事務並びにこれらの事務に係る第49条第1項、第3項及び第5項並びに第50条の規定により都道府県が処理することとされている事務のうち、指定都市の区域内にある農地又は採草放牧地に係るものについては、当該指定都市が処理するものとする。この場合においては、この法律中前段に規定する事務に係る都道府県又は都道府県知事に関する規定は、指定都市又は指定都市の長に関する規定として指定都市又は指定都市の長に適用があるものとする。

【宅建六法】農地法の目次へ