農地法
 

(強制競売及び競売の特例)
第22条 

1項
強制競売又は担保権の実行としての競売(その例による競売を含む。以下単に「競売」という。)の開始決定のあつた農地又は採草放牧地について、入札又は競 り売りを実施すべき日において許すべき買受けの申出がないときは、強制競売又は競売を申し立てた者は、農林水産省令で定める手続に従い、農林水産大臣に対 し、国がその土地を買い取るべき旨を申し出ることができる。

2項 
農林水産大臣は、前項の申出があつたときは、次に掲げる場合を除いて、次の入札又は競り売りを実施すべき日までに、裁判所に対し、その土地を第10条第1項の政令で定めるところにより算出した額で買い取る旨を申し入れなければならない。
1号
民事執行法(昭和54年法律第4号)第60条第3項に規定する買受可能価額が第10条第1項の政令で定めるところにより算出した額を超える場合
2号
国が買受人となれば、その土地の上にある留置権、先取特権、質権又は抵当権で担保される債権を弁済する必要がある場合
3号
売却条件が国に不利になるように変更されている場合
4号
国が買受人となつた後もその土地につき所有権に関する仮登記上の権利又は仮処分の執行に係る権利が存続する場合

3項 
前項の申入れがあつたときは、国は、強制競売又は競売による最高価買受申出人となつたものとみなす。この場合の買受けの申出の額は、第10条第1項の政令で定めるところにより算出した額とする。

【宅建六法】農地法の目次へ