建築基準法
 

(工事現場の危害の防止)
第90条 

1項

建築物の建築,修繕,模様替又は除却のための工事の施工者は,当該工事の施工に伴う地盤の崩落,建築物又は工事用の工作物の倒壊等による危害を防止するために必要な措置を講じなければならない。

2項  
前項の措置の技術的基準は,政令で定める。

3項  
第3条第2項及び第3項,第9条(第13項及び第14項を除く。),第9条の2,第9条の3(設計者及び宅地建物取引業者に係る部分を除く。)並びに第18条第1項及び第23項の規定は,第1項の工事の施工について準用する。

【宅建六法】建築基準法の目次へ