建築基準法
 

(公共事業の施行等による敷地面積の減少についての第3条等の規定の準用)
第86条の9 

1項

第3条第2項及び第3項(第1号及び第2号を除く。)の規定は,次に掲げる事業の施行の際現に存する建築物若しくはその敷地又は現に建築,修繕若しくは模様替の工事中の建築物若しくはその敷地が,当該事業の施行によるこれらの建築物の敷地面積の減少により,この法律若しくはこれに基づく命令若しくは条例の規定に適合しないこととなつた場合又はこれらの規定に適合しない部分を有するに至つた場合について準用する。この場合において,同項第3号中「この法律又はこれに基づく命令若しくは条例の規定の施行又は適用」とあるのは,「第86条の9第1項各号に掲げる事業の施行による建築物の敷地面積の減少」と読み替えるものとする。
1号
土地収用法第3条各号に掲げるものに関する事業若しくは都市計画法の規定により土地を収用し,若しくは使用することができる都市計画事業又はこれらの事業に係る土地収用法第16条に規定する関連事業
2号
その他前号の事業に準ずる事業で政令で定めるもの

2項 
第53条の2第3項(第57条の5第3項,第67条の2第4項及び第68条第4項において準用する場合を含む。以下この項において同じ。)の規定は,前項各号に掲げる事業の施行による面積の減少により,当該事業の施行の際現に建築物の敷地として使用されている土地で第53条の2第1項(第57条の5第3項において準用する場合を含む。),第67条の2第3項若しくは第68条第3項の規定に適合しなくなるもの又は当該事業の施行の際現に存する所有権その他の権利に基づいて建築物の敷地として使用するならばこれらの規定に適合しないこととなる土地について準用する。この場合において,第53条の2第3項中「同項の規定は」とあるのは「第1項,第67条の2第3項又は第68条第3項の規定は」と,同項第1号中「第1項の都市計画における建築物の敷地面積の最低限度が変更された際,」とあるのは「第86条の9第1項各号に掲げる事業の施行により面積が減少した際,当該面積の減少がなくとも」と,「従前の制限」とあるのは「制限」と,同項第2号中「第1項」とあるのは「第1項(第57条の5第3項において準用する場合を含む。),第67条の2第3項若しくは第68条第3項」と,「同項」とあるのは「これら」と読み替えるものとする。

【宅建六法】建築基準法の目次へ