建築基準法
 

(指定性能評価機関)
第77条の56 

1項

第68条の26第3項(第88条第1項において準用する場合を含む。以下この条において同じ。)の規定による指定は,第68条の26第3項の評価(以下「性能評価」という。)を行おうとする者(外国にある事務所により行おうとする者を除く。)の申請により行う。

2項  
第77条の36第2項の規定は前項の申請に,第77条の37,第77条の38,第77条の39第1項及び第77条の41の規定は第68条の26第3項の規定による指定に,第77条の39第2項及び第3項,第77条の40,第77条の42から第77条の45まで並びに第77条の47から第77条の52までの規定は前項の規定による指定を受けた者(以下この条,第97条の4及び第100条において「指定性能評価機関」という。)に,第77条の53の規定は指定性能評価機関が行つた性能評価について準用する。この場合において,第77条の38第1号,第77条の42,第77条の43第1項及び第77条の51第2項第5号中「認定員」とあるのは「評価員」と,第77条の51第2項第1号中「第77条の46第1項,第77条の47」とあるのは「第77条の47」と,第77条の53中「処分」とあるのは「処分(性能評価の結果を除く。)」と読み替えるものとする。

【宅建六法】建築基準法の目次へ