建築基準法
 

(建築協定の目的)
第69条 

市町村は,その区域の一部について,住宅地としての環境又は商店街としての利便を高度に維持増進する等建築物の利用を増進し,かつ,土地の環境を改善するために必要と認める場合においては,土地の所有者及び借地権を有する者(土地区画整理法第98条第1項(大都市地域における住宅及び住宅地の供給の促進に関する特別措置法第83条において準用する場合を含む。次条第3項,第74条の2第1項及び第2項並びに第75条の2第1項,第2項及び第5項において同じ。)の規定により仮換地として指定された土地にあつては,当該土地に対応する従前の土地の所有者及び借地権を有する者。以下「土地の所有者等」と総称する。)が当該土地について一定の区域を定め,その区域内における建築物の敷地,位置,構造,用途,形態,意匠又は建築設備に関する基準についての協定(以下「建築協定」という。)を締結することができる旨を,条例で定めることができる。

【宅建六法】建築基準法の目次へ