建築基準法
 

(予定道路の指定)
第68条の7 

1項

特定行政庁は,地区計画等に道の配備及び規模又はその区域が定められている場合で,次の各号の一に該当するときは,当該地区計画等の区域において,地区計画等に定められた道の配置及び規模又はその区域に即して,政令で定める基準に従い,予定道路の指定を行うことができる。ただし,第2号又は第3号に該当する場合で当該指定に伴う制限により当該指定の際現に当該予定道路の敷地となる土地を含む土地について所有権その他の権利を有する者が当該土地をその権利に基づいて利用することが著しく妨げられることとなるときは,この限りでない。
1号
当該指定について,当該予定道路の敷地となる土地の所有者その他の政令で定める利害関係を有する者の同意を得たとき。
2号
土地区画整理法による土地区画整理事業又はこれに準ずる事業により主要な区画道路が整備された区域において,当該指定に係る道が新たに当該区画道路に接続した細街路網を一体的に形成するものであるとき。
3号
地区計画等においてその配置及び規模が定められた道の相当部分の整備が既に行われている場合で,整備の行われていない道の部分に建築物の建築等が行われることにより整備された道の機能を著しく阻害するおそれがあるとき。

2項 
特定行政庁は,前項の規定により予定道路の指定を行う場合(同項第1号に該当する場合を除く。)においては,あらかじめ,建築審査会の同意を得なければならない。

3項 
第46条第1項後段,第2項及び第3項の規定は,前項に規定する場合について準用する。

4項 
第1項の規定により予定道路が指定された場合においては,当該予定道路を第42条第1項に規定する道路とみなして,第44条の規定を適用する。

5項 
第1項の規定により予定道路が指定された場合において,建築物の敷地が予定道路に接するとき又は当該敷地内に予定道路があるときは,特定行政庁が交通上,安全上,防火上及び衛生上支障がないと認めて許可した建築物については,当該予定道路を第52条第2項の前面道路とみなして,同項から同条第7項まで及び第9項の規定を適用するものとする。この場合においては,当該敷地のうち予定道路に係る部分の面積は,敷地面積又は敷地の部分の面積に算入しないものとする。

6項 
第44条第2項の規定は,前項の規定による許可をする場合に準用する。

【宅建六法】建築基準法の目次へ