建築基準法
 

(第1種低層住居専用地域又は第2種低層住居専用地域内における建築物の高さの限度)
第55条 

1項

第1種低層住居専用地域又は第2種低層住居専用地域内においては,建築物の高さは,10メートル又は12メートルのうち当該地域に関する都市計画において定められた建築物の高さの限度を超えてはならない。

2項 
前項の都市計画において建築物の高さの限度が10メートルと定められた第1種低層住居専用地域又は第2種低層住居専用地域内においては,その敷地内に政令で定める空地を有し,かつ,その敷地面積が政令で定める規模以上である建築物であつて,特定行政庁が低層住宅に係る良好な住居の環境を害するおそれがないと認めるものの高さの限度は,同項の規定にかかわらず,12メートルとする。

3項 
前項の規定は,次の各号の一に該当する建築物については,適用しない。
1号
その敷地の周囲に広い公園,広場,道路その他の空地を有する建築物であつて,低層住宅に係る良好な住居の環境を害するおそれがないと認めて特定行政庁が許可したもの
2号
学校その他の建築物であつて,その用途によつてやむを得ないと認めて特定行政庁が許可したもの

4項 
第44条第2項の規定は,前項各号の規定による許可をする場合に準用する。

【宅建六法】建築基準法の目次へ