建築基準法
 

(その敷地が4メートル未満の道路にのみ接する建築物に対する制限の付加)
第43条の2 

地方公共団体は,交通上,安全上,防火上又は衛生上必要があると認めるときは,その敷地が第42条第3項の規定により水平距離が指定された道路にのみ2メートル(前条第2項に規定する建築物で同項の条例によりその敷地が道路に接する部分の長さの制限が付加されているものにあつては,当該長さ)以上接する建築物について,条例で,その敷地,構造,建築設備又は用途に関して必要な制限を付加することができる。

【宅建六法】建築基準法の目次へ