建築基準法
 

(地方公共団体の条例による制限の附加)
第40条 

地方公共団体は,その地方の気候若しくは風土の特殊性又は特殊建築物の用途若しくは規模に因り,この章の規定又はこれに基く命令の規定のみによつては建築物の安全,防火又は衛生の目的を充分に達し難いと認める場合においては,条例で,建築物の敷地,構造又は建築設備に関して安全上,防火上又は衛生上必要な制限を附加することができる。

【宅建六法】建築基準法の目次へ