建築基準法
 

(確認審査等に関する指針等)
第18条の3  

1項
国土交通大臣は,第6条第4項及び第18条第3項(これらの規定を第87条第1項,第87条の2並びに第88条第1項及び第2項において準用する場合を含む。)に規定する審査,第6条の2第1項(第87条第1項,第87条の2並びに第88条第1項及び第2項において準用する場合を含む。)の規定による確認のための審査,第6条第5項,第6条の2第3項及び第18条第4項に規定する構造計算適合性判定,第7条第4項,第7条の2第1項及び第18条第15項(これらの規定を第87条の2並びに第88条第1項及び第2項において準用する場合を含む。)の規定による検査並びに第7条の3第4項,第7条の4第1項及び第18条第18項(これらの規定を第87条の2及び第88条第1項において準用する場合を含む。)の規定による検査(以下この条及び第77条の62第2項第1号において「確認審査等」という。)の公正かつ適確な実施を確保するため,確認審査等に関する指針を定めなければならない。

2項  
国土交通大臣は,前項の指針を定め,又はこれを変更したときは,遅滞なく,これを公表しなければならない。

3項  
確認審査等は,前項の規定により公表された第1項の指針に従つて行わなければならない。

【宅建六法】建築基準法の目次へ