建築基準法
 

(維持保全)
第8条 

1項
建築物の所有者,管理者又は占有者は,その建築物の敷地,構造及び建築設備を常時適法な状態に維持するように努めなければならない。

2項 
第12条第1項に規定する建築物の所有者又は管理者は,その建築物の敷地,構造及び建築設備を常時適法な状態に維持するため,必要に応じ,その建築物の維持保全に関する準則又は計画を作成し,その他適切な措置を議じなければならない。この場合において,国土交通大臣は,当該準則又は計画の作成に関し必要な指針を定めることができる。

【宅建六法】建築基準法の目次へ