宅地建物取引業法施行規則
 

(フレキシブルディスクの記録方式)
第35条 

1項
第33条の規定によるフレキシブルディスクへの記録は、次に掲げる方式に従つてしなければならない。
1号
トラックフォーマットについては、前条第1号のフレキシブルディスクに記録する場合にあつては日本工業規格X6222(1990)に、同条第2号のフレキシブルディスクに記録する場合にあつては日本工業規格X6225(1990)に規定する方式
2号
ボリューム及びファイル構成については、日本工業規格X0605(1990)に規定する方式
3号
文字の符号化表現については、日本工業規格X0208(1976)附属書1に規定する方式

2項
第33条の規定によるフレキシブルディスクへの記録は、日本工業規格X0201(1969)及びX0208(1976)に規定する図形文字並びに日本工業規格X0211(1986)に規定する制御文字のうち「復帰」及び「改行」を用いてしなければならない。

【宅建六法】宅地建物取引業法施行規則の目次へ