宅地建物取引業法施行規則
 

(取引一任代理等に係る認可の申請)
第19条の2 

1項
法第50条の2第1項の認可を受けようとする者は、次に掲げる事項を記載した認可申請書を国土交通大臣に提出しなければならない。
1号
商号
2号
免許証番号
3号
資本金の額(外国の法令に準拠して設立された法人にあつては、その本邦支店の持込資本金(資本金に対応する資産のうち国内に持ち込むものをいう。)の額とする。次条第1号において同じ。)並びに役員及び重要な使用人(取引一任代理等に係る業務を行う事務所の業務を統括する者及びこれに準ずる者、取引一任代理等に係る業務の用に供する目的で宅地若しくは建物の価値の分析又は当該分析に基づく投資判断を行う者並びに投資判断並びに宅地又は建物の売買、交換、貸借及び管理に係る各判断に関する業務を統括する者及びこれに準ずる者をいう。以下同じ。)の氏名
4号
取引一任代理等に係る業務を行う事務所の名称及び所在地
5号
取引一任代理等に係る業務の方法
6号
認可を申請しようとする法人の発行済株式総数の100分の5以上の株式を有する株主又は出資の額の100分の5以上の額に相当する出資をしている者の氏名又は名称、住所及びその有する株式の数又はその者のなした出資の金額
7号
認可を申請しようとする法人の役員が、他の会社の常務に従事し、又は事業を営んでいるときは、当該役員の氏名並びに当該他の会社の商号及び業務の種類又は当該事業の種類

2項 
前項の認可申請書には、次に掲げる書類を添えなければならない。
1号
役員及び重要な使用人が、成年被後見人及び被保佐人に該当しない旨の後見等登記事項証明書又はこれに代わる書面
2号
役員及び重要な使用人が、民法の一部を改正する法律附則第3条第1項及び第2項の規定により成年被後見人及び被保佐人とみなされる者並びに破産者で復権を得ないものに該当しない旨の市町村の長の証明書又はこれに代わる書面
3号
役員及び重要な使用人が、法第5条第1項各号に該当しないことを誓約する書面
4号
役員及び重要な使用人の略歴を記載した書面
5号
定款及び登記事項証明書又はこれに代わる書面
6号
直前1年の各事業年度の貸借対照表、損益計算書及び株主資本等変動計算書
7号
今後3年間(業務の開始を予定する日の属する事業年度及び当該事業年度の翌事業年度から起算して3事業年度をいう。以下同じ。)における当該業務の収支の見込みを記載した書面
8号
今後3年間の純資産額(資産総額から負債総額を減じた金額をいう。以下同じ。)の見込みを記載した書面
9号
今後3年間の取引一任代理等に係る契約に係る契約資産額の見込みを記載した書面
10号
取引一任代理等に係る業務に関する管理体制の整備状況を記載した書面
11号
取引一任代理等に係る業務に関する苦情処理体制の整備状況を記載した書面

3項 
国土交通大臣は、法第50条の2第1項の認可を受けようとする者の役員及び重要な使用人に係る機構保存本人確認情報のうち住民票コード以外のものについて、住民基本台帳法第30条の9の規定によるその提供を受けることができないときは、法第50条の2第1項の認可を受けようとする者に対し、住民票の抄本又はこれに代わる書面を提出させることができる。

4項 
第1項に規定する認可申請書の様式は、別記様式第12号の2によるものとし、第2項第3号及び第4号並びに第7号から第11号までに掲げる添付書類の様式は、別記様式第12号の3によるものとする。

【宅建六法】宅地建物取引業法施行規則の目次へ