宅地建物取引業法施行規則
 

(認可の具体的基準)
第19条の2の2 

国土交通大臣は、法第50条の2第1項の規定による認可の申請が法第50条の2の3第1項に掲げる基準に該当するかどうかを審査するに当たつては、次の各号のいずれかに該当するかどうかを審査しなければならない。
1号
法第50条の2の3第1項第1号に掲げる基準については、資本の額が5000万円以上の株式会社(外国の法令に準拠して設立された株式会社と同種類の法人で国内に営業所を有するものを含む。)でないこと。
2号
法第50条の2の3第1項第2号に掲げる基準については、次のイ又はロのいずれかを満たしていないこと。

今後3年間の純資産額が、5000万円を下回らない水準に維持されると見込まれること。

取引一任代理等に係る業務の収支の見込みが、今後3年間に黒字になると見込まれること。
3号
法第50条の2の3第1項第3号に掲げる基準として次のイからヘのいずれかを満たしていないこと。

取引一任代理等に係る業務を公正かつ的確に遂行できる経営体制であり、かつ、経営方針も健全なものであること。

役員のうちに、経歴及び業務遂行上の能力等に照らして認可宅地建物取引業者としての業務運営に不適切な資質を有する者がいないこと。

重要な使用人のうちに、大規模な投資判断又は宅地若しくは建物の売買、交換、貸借及び管理に係る各判断に関する業務を的確に遂行することができる知識及び経験を有する者が含まれていること。

管理部門(法令その他の規則の遵守状況を管理し、その遵守を指導する部門をいう。)の責任者が定められ、法令その他の規則が遵守される体制が整つていること。

管理部門の責任者と取引一任代理等に係る業務に係る部門の担当者又はその責任者が兼任していないこと。

顧客からの資産運用状況の照会に、短時間に回答できる体制となつていること等取引一任代理等に係る業務について管理体制が整備されていること。

【宅建六法】宅地建物取引業法施行規則の目次へ