宅地建物取引業法
 

(営業保証金の保管替え等)
第29条

1項
宅地建物取引業者は、その主たる事務所を移転したためその最寄りの供託所が変更した場合において、金銭のみをもつて営業保証金を供託しているときは、法務省令・国土交通省令の定めるところにより、遅滞なく、費用を予納して、営業保証金を供託している供託所に対し、移転後の主たる事務所の最寄りの供託所への営業保証金の保管替えを請求し、その他のときは、遅滞なく、営業保証金を移転後の主たる事務所の最寄りの供託所に新たに供託しなければならない。

2項
第25条第2項及び第3項の規定は、前項の規定により供託する場合に準用する。

【宅建六法】宅地建物取引業法の目次へ