宅地建物取引業法
 

(申請等に基づく登録の消除)
第22条

都道府県知事は、次の各号の一に掲げる場合には、第18条第1項の登録を消除しなければならない。
1号
本人から登録の消除の申請があつたとき。
2号
前条の規定による届出があつたとき。
3号
前条第1号の規定による届出がなくて同号に該当する事実が判明したとき。
4号
第17条第1項又は第2項の規定により試験の合格の決定を取り消されたとき。

【宅建六法】宅地建物取引業法の目次へ