住宅の品質確保の促進等に関する法律

(罰則)
第108条

次の各号のいずれかに該当する者は、20万円以下の過料に処する。
1号
第12条第2項(第25条第2項、第44条第3項又は第61条第3項において準用する場合を含む。)の規定による届出をせず、又は虚偽の届出をした者
2号
第18条第1項(第25条第2項、第44条第3項又は第61条第3項において準用する場合を含む。)の規定に違反して財務諸表等を備えて置かず、財務諸表等に記載すべき事項を記載せず、若しくは虚偽の記載をし、又は正当な理由がないのに第18条第2項各号(第25条第2項、第44条第3項又は第61条第3項において準用する場合を含む。)の請求を拒んだ者

【宅建六法】住宅の品質確保の促進等に関する法律の目次へ