住宅の品質確保の促進等に関する法律

(罰則)
第106条

次の各号のいずれかに該当する者は、30万円以下の罰金に処する。
1号
第19条第1項(第25条第2項、第44条第3項、第61条第3項又は第82条第3項において準用する場合を含む。)の規定に違反して帳簿を備え付けず、帳簿に記載せず、若しくは帳簿に虚偽の記載をし、又は帳簿を保存しなかった者
2号
第19条第2項(第44条第3項、第61条第3項又は第82条第3項において準用する場合を含む。)の規定に違反した者
3号
第22条第1項(第25条第2項、第44条第3項、第61条第3項又は第82条第3項において準用する場合を含む。以下この条において同じ。)又は第42条第1項の規定による報告をせず、又は虚偽の報告をした者
4号
第22条第1項又は第42条第1項の規定による検査を拒み、妨げ、又は忌避した者
5号
第22条第1項又は第42条第1項の規定による質問に対して答弁せず、又は虚偽の答弁をした者
6号
第23条第1項(第25条第2項、第44条第3項又は第61条第3項において準用する場合を含む。)の規定による届出をしないで業務の全部を廃止し、又は虚偽の届出をした者
7号
第53条第1項の規定による報告をせず、又は虚偽の報告をした者
8号
第90条第1項の規定による許可を受けないで業務の全部を廃止した者

【宅建六法】住宅の品質確保の促進等に関する法律の目次へ