住宅の品質確保の促進等に関する法律

(認証型式住宅部分等に係る住宅性能評価の特例)
第40条

1項
認証型式住宅部分等製造者が製造をするその認証に係る型式住宅部分等(以下この節において「認証型式住宅部分等」という。)は、設計された住宅に係る住宅性能評価において、その認証に係る型式に適合するものとみなす。

2項 
住宅の部分である認証型式住宅部分等で前条第1項の標章を付したもの及び住宅である認証型式住宅部分等でその新築の工事が国土交通省令で定めるところにより建築士である工事監理者(建築士法第2条第8項に規定する工事監理をする者をいう。)によって設計図書(同法第2条第6項に規定する設計図書をいう。)のとおり実施されたことが確認されたものは、建設された住宅に係る住宅性能評価において、その認証に係る型式に適合するものとみなす。

【宅建六法】住宅の品質確保の促進等に関する法律の目次へ